ニートとフリーターの違いはココ – 脱ニートする方法!

[記事公開日]2015/07/27[最終更新日]2015/12/21


前回の記事でニートについて語源から意味をまとめました。
では、フリーターとの違いはなんでしょうか?

一般的にフリーターと聞くと、
アルバイトをしている方々を指す総称というイメージがありますよね。

まずはフリーターについて意味を調べて行きます。

フリーターの定義は明確な物は無く、曖昧だった!

ウィキペディアを見ると、フリーターの定義は、

この言葉には明確な定義は存在せず、雇用形態がアルバイトであることや、若者であることなどが、大まかなイメージとしてあるにすぎないものであった。その後、1991年(平成3年)厚生労働省が実態調査のために以下のような定義を設けた。しかし、各所で使用される「フリーター」という言葉は、依然として曖昧なままである。

とあります。

フリーターを指すのは何歳までか

どうも調べてみると、フリーターには、
年齢制限があるようです。

フリーターと呼ばれる年齢層は、
15歳から34歳までで、男性は卒業者、女性は卒業で未婚の者のうち「(1)雇用者のうち”パート・アルバイト”の者」「(2)完全失業者のうち探している仕事の形態が”パート・アルバイト”の者」「(3)非労働力人口で、家事も通学もしていない”その他”の者のうち、就業内定しておらず、希望する仕事の形態が”パート・アルバイト”の者」の者を指す(配偶者と死別、別離した女性は該当しない)。

さらに、34歳以上の人には高齢フリーターという総省もあるようです。
34歳以上から高齢という括りになるのは驚きです。。
実際、この高齢フリーターに属する方々が増えているようです。

混同されがちな、ニートとの違いは何?

フリーターの場合は、
非正規雇用の状態の人たちを指しているんですね。

ニートの定義は、
仕事をしていないということでしたので、
明確に、仕事をしているか、していないかが大きく異なる点ですね。

たまに、フリーターもニートという括りで
考えられている方もいらっしゃるので違うという点を
しっかりと理解しなくてはと思いました。

脱ニートする為のアフィリエイト方法 >>

本当に売れる商材を限定公開中!

アフィリエイトは稼げない!!と
お嘆きの方も多くいらっしゃるかと思いますが
アフィリエイトは稼げます!と私は断言します。

実際アフィリエイトをして稼げている商材を
こちらの特設ページで公開してます。
稼げていない人は是非、チャレンジ下さい!

個人的に今一番稼げるASPはココ

どんなブログでもアフィリエイトは掲載しない限り1円も報酬は発生しませんね。 ブログをしているのにアフィリエイトを掲載していないのは論外です。始めないと損です。

アドボンバー ASP
おススメの理由
穴場中の穴場のASP。今、最も急成長をしているASPの一つで、独自性の高さが特徴。稼いだ報酬は驚きの3営業日以内での支払い、ドットマネーの導入や他のASPにない独自案件も豊富です。案件ジャンルも拡大中なので、稼ぎたいアフィリエイターには本当におススメです。ライバルの少ない今が稼ぐチャンスです!
公式サイトはこちら

★期間限定 無料メルマガ★ 稼ぎの秘密を公開!
当サイトではメルマガ会員様限定情報として、
稼げる商材情報やWeb掲載をしない非公開情報を独自で配信致します。
ご興味のある方は是非ご登録くださいませ^-^